家具 配送方法

家具の配送でお得にするには方法

家具配送

家具輸送

家具配達

家具送る

 

大きな家具は配送が大変です。

 

家具を運んでくれそうな業者は、宅配業者・引越し業者・便利屋などが考えられます。

 

しかし、家具を運んでくれる宅配業者は家財便を扱う大手だけですし、便利屋はまだまだ数が少ないです。

 

この中で一番お得に家具を運んでくれるのは、最も数が多い引越し業者です。

 

引越し業者を調べてみると東京だけで1500件以上、大阪だけで1100件以上がヒットします。

 

しかも、引越し業者は一括見積もりが出来ます。
200社以上が参加しており、その中から最大10社から見積もりが届きます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

家具の配送料が安いかどうかは、いくつか見積もりを取るしか方法はありません。

 

引越し業者には大きな家財だけを運ぶサービスがあります。
ベッドだけとか、冷蔵庫だけ、ソファーだけ運んで欲しいという依頼は多いのです。

 

ぜひ一括見積もりを活用して、お得に家具を配送してくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引っ越しの時期と相場の関係

 

家具配送相場

 

引越しには繁忙期と通常期とがあり、繁忙期は1年のうちで最も引越し業者が忙しい時期なので、家具だけを配送したい場合も費用が通常期よりも高くなります。

 

繁忙期とはいわゆる3月前後のことをいい、大学生の合格発表が2月でそれから4月の新学期までに一人暮らしや寮に入るために引越しをする人が多い時期なのです。
ほかにも就職した新社会人や、春の人事異動で転勤してきたサラリーマン一家などとにかく引越しする人がこの時期に多いのです。

 

ですからもしできるなら、この時期の引越しは避けた方が無難です。
引っ越し業者を探すのも大変ですし、費用も高いので、他の月にしたほうがいいと思います。

 

どうしても繁忙期に引越しするというのであれば、スピードが大切です。
まだ大丈夫・・・と契約を先延ばしにしていると、いざという段階では予約がいっぱいになっていて契約ができなくなることがあるのです。

 

繁忙期とはそんな時期ですから、早めに動いて少しでもお得に引越ししてくださいね。

 

 

引っ越し費用が安くなる条件

 

家具配送安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいのであれば、まずは条件を見直ししてみませんか?
引っ越しの価格は1年中いつでも同じではありません。時期によっても荷物の量によっても、物件の状況によっても細かく変わります。

 

そして引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますので、引越し前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして処分してください。

 

そのあと考えるのは引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があります。
平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
同じ様に大安も人気がありますので、出来ることなら平日に引越ししましょう。

 

さらに時間で言うと午前中の引越しが人気です。早く新居に荷物を運び入れて、午後にはゆっくり荷解きしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。
レンタカーを借りるというのもありますが、荷物も運んでさらに運転してを何度も繰り返すのは本当に疲れます。
それに素人では案外上手にトラックに大きな家財を載せることができないものです。

 

そして国内の引越しで最も費用かかるのは遠距離引越しです。
同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しの時のあいさつ

 

引越しと挨拶

 

引越しの際にご近所へのあいさつはされますか?
第一印象は大事ですから、挨拶は行くことをおすすめします。

 

では引越しの挨拶、どこまで行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートなら上下左右の部屋に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒がオススメです。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっていることが多いです。
自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなどを聞いておきましょう。

 

もちろん挨拶だけ行くという方もいますが、簡単な粗品があったほうが行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいます。

 

洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

引越しの挨拶は、引越ししたその日か遅くても翌日には行きましょう。
日が経つと段々面倒になりますし、バッタリ外であったりしてタイミングを逃したりすることがあります。
忙しいですが、合間をぬってご近所にご挨拶しておきましょう。

 

 

引越しのおおまかな手順

 

引越し手順

引越しの時はすることがいろいろあって大変です。
おおまかな手順を知っておくと、無駄な動きが少なくて楽になりますので是非一度ご確認ください。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

こう見るとやはりすることが沢山ありますね。
しかし時期が違うので一度にすることはそんなにないのです。
一つずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからがオススメです。
なぜかといいますと新居の情報も引越し費用に関係するので、その前に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
エレベーターの無い4階の引越しは時間がかかることが予想されますので、エレベーターがある物件よりも高めになります。
当日追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。

 

そして新居に持って行く荷物は出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるので、勿体ないのです。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出しましょう。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
国民年金や国民健康保険のことも問い合わせましょう。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り計算してくれます。精算方法は会社によって異なるので確認してください。
引越し日からは新居の電気・ガス・水道が使えるように手配しましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。
その間に知り合いなどにハガキやメールで引越ししたという連絡をしましょう。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
先に大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくと便利でいいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

荷解きはゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行きましょう。
住所変更のために、印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

 

中野区の外壁塗装の費用相場と良い塗装会社の探し方
埼玉の引っ越し業者の選び方
引っ越し業者を札幌で選ぶなら